銭の戦争の海外の評価は?韓国と日本の違いや韓流ドラマの評判は?

銭の戦争

草なぎ剛さん主演のドラマ「銭の戦争」が1月6日からスタートします。

このドラマはもともと韓国の漫画が原作のドラマなのですが韓国での評判や日本と
の違いがあるのかまとめてみました!

スポンサーリンク




銭の戦争の韓国での評判は?海外の評価は高いのか


韓国でも大ヒットとなったテレビドラマ「銭の戦争」平均視聴率31.7%というモンスタードラマです。

銭の戦争の日本版が草なぎ剛さん主演で1月6日からスタートします。


そんな銭の戦争の韓国での評判はどうだったのか調べてみましたが、平均視聴率を見ると大変人気だったことがわかりますね、また見ていて気持が良いと評判だったようです。

韓国のテレビドラマは視聴者のコメントや問い合わせで内容が変わっていくことがあるため、結末は視聴者の意見の多い方向に持っていかれることがあるそうです。ですのでドラマの終わり方は気持がいいものが多いそうですが、この銭の戦争もきっとそのような内容ではないのでしょうか。



またドラマの途中ではどんどん不幸な出来事が起こるので見ていて途中で辛くなるという意見や、韓国ドラマならではの気性の激しさに疲れてしまうという意見が見られるのも事実です。



実際、ニュースなどを見ても韓国の方は気性の激しい一面を持っているのは事実ですね。


それが国民性なのかもしれません。


また韓国の方から見ても日本は変わった一面があるのかもしれませんが、ドラマを通してその国その国の特徴を見て楽しんだり学ぶのも一つの楽しむ方法なのではないかと思います。


銭の戦争の日本との違いは?



スポンサーリンク




まず韓流ドラマは激しい設定がたくさんあります。

過去に見た韓流ドラマを見て思う個人的な感想は簡単に借金地獄になったり、人が生き返ったりなど簡単に行われてしまうのでまるで漫画のような設定が多いなということを思ったのですが

日本のドラマではその設定は不可能ではないでしょうか。日本でそのようなドラマが少ないのはニーズがあまりないのだと思います

そのため今回のドラマも初めの設定が少し違います。

韓国版では主人公の父親は借金地獄になり自ら命を絶ってしまうという設定が、日本版では行方不明ということになっていたり

韓国版では主人公はお金も仕事も家もす家族もととにかく何もない状態になってしまいますが、日本版では何もない状態ではなく比較的リアルに近い状態で自分の持っているものを失っていくというように設定してあります。

これだけ見ても設定の違いに国柄が出ていますね。国民にどちらが受けるか制作側が考えて作っているのではないでしょうか

そしてやはり韓国の設定は激しいですね。


まとめ



韓国のドラマというのはとてもテンポが良く一気に見入ってしまうため日本版も楽しめるのは間違いない
のではないでしょうか


韓国のドラマの特徴としてはCMがないのが一つの特徴ですが日本はドラマの間にCMが入りますね


それがテンポの良いドラマに対して気になる点であります。


今回の主演は草なぎ剛さんです。AKBの大島優子さんもAKB卒業後の出演出演するため話題作となるのではないでしょうか


はたして草なぎさんが一体どう演じてくれるのか大変気になるところです。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ