ヤメゴクの原作はあるの?SPECと被ると噂だけどファンの反応も

ヤメゴク 原作

大島優子さんが主演で評判を呼んでいるドラマ「ヤメゴク」

堤幸彦監督の作品とのことでファンから非常に楽しみにされていました。

2015年4月16日が初回の放送となりましたが、ネット上では放送を見たファンからは『SPEC』と被るとコメント殺到。

ということでSPECとヤメゴクの被りポイント、そして原作について調べてみました。

新たな発見をしてドラマをもっと楽しむことができるかもしれません!

スポンサーリンク



ヤメゴクの原作は?


ヤメゴクは脚本家、櫻井武晴さんによる作品です。

櫻井武晴さんの作品として有名なのは『相棒』が最近では有名ではないかと思います。

櫻井武晴さんは安定感があり、ブレがなく、掘下げるのが上手いと非常に人気が高く活躍されている脚本家です。

ちなみに櫻井武晴さんは最後の砦・ボーダーラインなどなど有名で傑作が多すぎてどれが代表作か決められないと言われています。

ヤメゴクの原作が何?と話題になったのはSPECと被ると言われていることが原因かと思いました。

被らせているのは面白みを加えているだけで、ヤメゴクは櫻井武晴さんによる完全オリジナル作品となります。

SPECと被りポイント


スポンサーリンク



インターネット上で話題となっているヤメゴクとSPECの被りポイントをピックアップしてみました。

・主人公が被る。SPEC当麻紗綾とヤメゴク永光麦秋は被りまくり
・ヤメゴクの永光麦秋とSPECの田中哲司さん演じる冷泉俊明のジャージ
・SPECとヤメゴクとケイゾクは舞台が警察で同じ建物で全て繋がっている。

ヤメゴクは地上15階。SPECは地下21.5階。ケイゾクは地下3階。全て同じ警察署。


・そもそも出演者が堤幸彦監督の作品に出演した人ばかりで被る
・SPECもだけどATARUともかなり被る
・食堂の机の並びが一緒
・パロディがありすぎる

などなどSPECと被ると噂じゃなくて被らせているのでしょう!上記にもありました、ヤメゴクとSPECとケイゾク全てが繋がりましたね。

上記以外の堤幸彦監督の作品とも被る部分がたくさんあるといった感じです。

ですがこんなに繋げているおかげで『ケイゾク見ないといけない』『もう一度SPECでおさらいしなきゃ』なんてコメントが見られました。

さすが堤幸彦監督です。ここまで考えて作られていたのですね。

ちなみに堤幸彦監督は

『お客さんを喜ばせたい、喜んでもらいたい』

という考え方を常に持っている人です。ですのでそういった考えもヤメゴクという作品に込められているのですね。ヤメゴクは面白みがあってコミカルで評判がいいそうです。

今後はもっと被りポイントが出てくる可能性が高いですが、一体どうやって被らせて繋げていくのか、そちらにも注目していきたいと思います。

まとめ


以上で原作とヤメゴクとSPECの被りポイントについてまとめてみました。

初めは「なにこれ被りすぎ?」なんて思ったのですが、堤幸彦監督はそこまで考えて作成されたのでしょう。

さすがの一言です。まるで宝探しをするような感覚と、過去に堤幸彦監督の作品を見た自分の中の記憶を探し出している気がします。

ドラマを超えてアミューズメント感覚で楽しめますね。次回の放送も非常に楽しみです!

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ