Dr.倫太郎の第2話のあらすじや感想は?堺雅人の演技力も

Dr.倫太郎 第2話

4月スタートドラマ「Dr.倫太郎」の第2話の簡単なあらすじや感想をまとめてみました。

また視聴者のコメントをピックアップしてみました。

第1話はに引き続き第2話はどうなっていくでしょうか?

それではご紹介します。

スポンサーリンク



第2話のあらすじや感想は?


面白い!と話題を呼んだDr.倫太郎の第2話の簡単なあらすじや感想をまとめてみました。

第2話は堺雅人演じる「日野倫太郎」が風間という小説家を見ることになります。不作を出し不安定な風間に対して倫太郎はどのように話を聞きにいくのでしょうか。

・現代人にかけている心優しい医者。見れるのが嬉しい。気持が優しくなる
・話の展開としては脚本がいまいち。でもまだ断言できない
・「がんばらなくてもいい」に気が抜ける
・すこし脱力感がある
・芸者に惹かれたり、病院の争いは面白いけど精神科医としてはなんだかいまいち
・すごく共感できる部分があった、こんな先生いたらいいなと思う

などなど少し辛口コメントと、こんな先生がいたらいいのにというコメント両方があるように感じました。

寄り添って治していくというのはアメリカの療法を表現したそうなのですが、実際こんなお医者さんがいたらいいなとそういった意味で見ている方も多いようですね。

辛口コメントの原因は現実的にありえない設定の部分に対してのコメントのようですね。また今まで堺雅人さんが「半沢直樹」「リーガルハイ」などで敵をどんどん倒していく軽快な役をこなしていたので、そのイメージでDr.倫太郎を見た人とのギャップが生じていると感じました。

ですのでDr.倫太郎に関しては見るのが重いといった雰囲気を感じてしまうそうですね。

反対にこんなコメントも

・接客をDr.倫太郎のようにやっていきたい

接客業の人のコメントですね。そういった方面からも非常に役に立つドラマだったとのことです。接客に生かせるということは、他の色々な職業に行かせるということですね。

そういった目線でも非常に楽しめるドラマとのことです。

スポンサーリンク



「日比野倫太郎」役の堺雅人の演技力の評判は?


堺雅人さんと言えば、早口で毒舌で軽快で、敵をどんどん倒していくかっこいい役のイメージがついていました。

ですがこのDr.倫太郎では喋ることとは反対の聞くという真逆の役ということで話題を呼んでいました。
はたして世間の反応はどうなっているのでしょうか?ピックアップしてみました。

・穏やかな口調がハマり役
・すごい、期待を裏切らない
・こんな柔らかい堺雅人は少し寂しかったけど、泣けた
・精神科医役の堺雅人さんこの人やっぱりすごい
・泣けた

などなど柔らかい堺雅人さんに驚きを隠せないといった反応が多数ありますが、こんな一面も引き出せる堺雅人さんにさらに感動したといった反応が多かったです。ドラマの内容以前に、堺雅人さんの演技に信頼を置いているファンが多いため、ドラマみようかななんて人も多数いました。

まとめ


以上でDr.倫太郎の第2話の簡単なあらすじや感想、そして堺雅人の演技力に関してのファンの反応をまとめてみました。

人の話を聞くプロといのは存在しますからね。仕事や生活にいかしていけるこのドラマはすごいと感じました。

今後の展開に関して期待できるかできないか賛否両論ありますが、ぜひせひ注目していきたいと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ