ヤメゴク第2話のあらすじや感想は?永光麦秋の過去とは一体なに

ヤメゴク第2話

木曜21時の注目ドラマ「ヤメゴク」

初回の放送からかなりの話題、そして反響を呼んでいました。本日23日はヤメゴクの第2話の放送です。

この記事では第2話の簡単なあらすじと感想。そして主人公、永光麦秋の過去が少しずつ明るみになってきたのでまとめてみました。

ネット上では『2話から面白みがましてきた』と言われています。

スポンサーリンク



第2話のあらすじと感想


第2話のかんたんなあらすじと感想をまとめてみました。

第1話で足抜け(離脱)のお手伝いをした、でんでんさん演じる倉持省吾さんにまたまた、元いた組から嫌がらせが多発します。

ですが、それを仕組んでいたのは全て大島優子さん演じる主人公の永光麦秋。仕組んだ道筋にによって、一度は投げやりになった倉持省吾も、完全に一般人の世界で生きて行く覚悟を身につけて、最後は出て行った奥様と仲直りすることができました。

それでは感想をピックアップしてみました。

・面白かった!来週も絶対見る
・なんだか切ないけどかっこいい
・2話目から少しずつ話の内容の理解が深まってきた
・2話目から面白くなってきた
・ところどころの小ネタがウケル
・コンビの相性がよくなってきた

などなど2話目から面白みが増してきたとのこと!来週も見るというコメントが多くなってきました。

また1話目で多かった大島優子さんの演技力に関してのコメントが、2話目はじゃっかん少なくなってきましたね。だんだん馴染んできたように感じます。

またコンビの北村 一輝さんとの相性も良く見えてきたなんてコメントも。馴染んでますね!確かにテレビを見る限りあまり違和感を感じませんでした。

そして2話での注目は大島優子さんのアクションシーン!

『かっこいい!!!』の一言。
このシーンもかなりの反響を呼んだようです。

少しずつ話の内容が見え隠れしてきましたので来週も楽しみにしたいと思います。

スポンサーリンク



永光麦秋の過去とは


主人公の永光麦秋がいまの「ヤメゴク」のプロと言われるようになるにはある過去が原因していますね。第1話と第2話でも少しずつ小出しに出してきています。

第1話では、永光麦秋が過去を思い出す時に、過去の映像を表現したものが少し流れましたね。第2話では最後に『ある2人の人生を完全に否定し続けたい』とのセリフが…

永光麦秋がここまで思いつめる、この2人は誰なのでしょうか?

少しずつ小出しにしているため、まだ2人が誰なのか確証がとれていませんが

ドラマを見る限り、そして噂されているのが

遠藤憲一さんが演じる「橘勲」と山口紗弥加さん演じる「有留 章子」あたりが怪しいなんて予想がたっています。

ドラマではこの二人に対して大島優子さんは、態度が全く違いますね。ネット上に出ていた『切ない』というコメントは過去を思いつめる永光麦秋さんの姿のことを言っているのだと感じました。

過去に何があったのか、まだ完全に出ていませんが今後も、この内容には注目していきたいと思います!情報が解り次第更新していきます。

まとめ


以上でヤメゴク第2話の感想、そして少しずつ明るみになってきている過去についてまとめてみました。

大島優子さんと北村一輝さん、体の大きさから言っても、でこぼこしている感じですが、ドラマを見ていると馴染んでくるんですね。同じ警察の勝地涼さんもかなりいい味出しています。

来週も楽しみにしています!

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ