美女と男子の第4話のあらすじや感想!たどころ晋也の娘役は誰?

美女と男子 第4話 

美女と男子の第4話が放送されました。

芸能界の裏側がわかって、見ていて面白いと大好評のドラマです。俳優も良く、テンポも良く、もっと視聴率が上がってもおかしくないと評判です。

この記事では第4話のあらすじや感想と、たどころ晋也の娘役は誰?ということで調べてみました。

今週はどんな展開になったのでしょうか!?

スポンサーリンク



第4話のあらすじや感想は?


第4話の簡単なあらすじをまとめてみました。

たどころ晋也の再現ドラマに出演することになった遼。もっと大きな仕事がしたいと文句を言いながらも一子に「やりなさい!」と背中を押されます。

そして10分間の再現ドラマを演じますが、芝居の良さにみんなは感動。小さな仕事
だけど一人一人のハートをつかむ遼は、一歩ずつ自信を身に付けていきます。

遼の再現ドラマを見た斑目社長から並木社長に電話が入ります。

「遼は私の息子だ…」と。

一方で、一子の旦那は、女性とデートを……いったい、どこの女性とデートをしているのか…。。

といった展開でした!

それでは感想をピックアップしてみましたのでご紹介します。

・感動した
・美女と男子は良作!来週が待ち遠しい
・おもれぇ!
・若手俳優は要チェックドラマ(笑)
・美女と男子見ると人生って色々あるんだなって思う
・高橋ジョージの再現ドラマがやばかった。なんだかファンになった(笑)
・遼がやっぱり音痴だった!笑いすぎた
・高橋ジョージがリアルすぎる
・再現ドラマの配役が決定されるのってあんな風なんだ
・高橋ジョージがリアルすぎて応援したくなってきた
・泣けた

今回はたどころ晋也さんメインのお話でしたね。やはり再現ドラマは『リアル』とコメントが殺到しています。

ふだん、世間の人間が知ることのできない家庭的な部分を見事に演じてくれました。

最後に娘の着信音が自分の歌だと知った、たどころ晋也(高橋ジョージ)の反応は、父性ある表現でした。どれだけ娘にそっぽ向かれていても、あんな小さなことで喜んでしまう父親という姿がとても印象に残っています。

もうひとつドラマのシーンで遼が一子に対して「人の心がない女」なんて発言してましたね。
これはキャリアウーマンに当てはまる言葉な気がしてなりませんでした。仕事一生懸命すぎる一子は不器用すぎて男性的な部分がありますからね。

仲間由紀恵さんは一子を見事に演じきっていますね。仕事に偏れば、家庭に支障をきたす。これは、キャリアウーマンの女性ならではの抱えている問題のようにも感じます。

コミカルに見せていて、とてもリアルな内容のドラマですね。

来週も楽しみにしています!!

スポンサーリンク



たどころ晋也の娘役は誰


高橋ジョージさん演じる、たどころ晋也の娘役の子はだれ?ということで調べてみました。

娘役の女優さんは『安田聖愛(やすだ せいあ)さん』です

手足が長く、テレビで見ても顔が小さいのがわかりましたね。1996年6月23日生まれの現在18歳。

2010年にホリプロでグランプリを獲得した、今後の活躍は絶対的お約束の女優さんです!出演作品もまだまだ少なく、現在は演技の実績を積んでいるのでしょう。NHKに出演するあたりを見ると、大切に大切に育てられていることがわかりますね。

顔も美人さんで将来の大女優候補の一人ということでしょう。今後の成長を期待しています。

まとめ


以上で美女と男子の第4話のあらすじや感想をまとめてみました。

町田啓太さんの眉毛や目線のしぐさがなんだか、今風の男の子をうまく表現していて素敵ですね。

イケメン背も高くて、演技もうまいのでますます人気があがっていきそうですね。

それでは来週も要チェックしていきます

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ