【ドラマ】下町ロケットの出演者や放送日は?ファンの声も紹介

下町ロケット

2015年10月のドラマ情報を紹介します。

『下町ロケット』

池井戸潤さんの作品です。池井戸潤さんと言えば『半沢直樹』で有名ですね。

下町ロケットは日本の中小企業の原点の話とファンから高い評価を受けています。それではドラマの出演者やあらすじ、放送日とファンのコ声を紹介致します。

スポンサーリンク



原作を読んだファンの声を紹介!


まずはじめに原作を読んだファンの声をご紹介いたします!

・泣いた!苦しさと逆転の繰り返しだけど、本当にいい作品。夢や希望をあたえてもらえる
・池井戸潤さんの中で一番好きな作品です!
・男のロマンかもしれないけど、そのロマンが皆を引っ張ってってくれているという話。泣けます。
・頑張れ中小企業!つぶしにかかる泥棒大企業に負けるな!って気持になる
・正義の物語、読んでいて気持がいい

また少し反対的な意見もあったのですがその中でも

『原作はテンポがよすぎて、大変なシーンもそれほど大変に思えなかった、もっと描写を描いてほしかった』

なんて意見をみかけました。ですのでドラマでは、もっと深い部分の描写を描いてくれるの?そこに期待している人が多いのではないかと思います。

出演者は?


下町ロケットの出演者はこちらです!

名前役名
阿部 寛佃 航平
土屋太鳳佃 利菜


主人公は阿部寛さん、そして娘役に土屋太鳳さん。

阿部寛さんは男性からも支持の高い俳優ですからね、作品が面白くなりそうです。

そして絶好調の土屋太鳳さん。NHKの朝ドラに出演した主人公は、ハマり役すぎてその後あまり出演する姿を見ない女優さんもいますが。

土屋太鳳さんはどうなのでしょうか?やはり「まれ」の印象が強いですが、それをガラリと変えた印象になるのか注目ですね。

スポンサーリンク



あらすじ


下町の工場経営を行う佃航平(阿部寛)。

工場は順調に上手くいっていたのに、ある日大手取引先から打ち切られることに…!!

窮地に追い込まれる工場、銀行の貸し渋り、そしてライバル企業からの裁判と窮地に追い込まれることに!!

どんどん力を失っていく時に大手から特許を買い取るとの申し出が―

社員の給料を払わないといけない、だけど会社として特許を売ってしまったら…いったい佃航平はどんな判断を下すのか―

と手に汗握る内容です。

大手はずるいですね、中小の命をかけている経営者や会社の弱みに付け込んで奪いとる潰しにかかる作戦…

リアルすぎる内容ですが、結末はどうなっていくのか

見ごたえあり、感動あり、勇気を貰える作品であることは間違いないでしょう。

放送日


2015年10月スタートです。
詳細な日付や時間は発表されていませんので情報が公開され次第追記します。

10月18日から放送開始が決定しました。よる9時スタートです

時間については、TBSなのでナポレオンの村の枠でしょうか?
ですので9時スタートを予想しています。

まとめ


以上でドラマ下町ロケットについて調べてみました。

楽しみですね、原作は好きだけど映像化されたらファンが怒ってしまう作品はたくさんありますが、池井戸潤さんの半沢シリーズはドラマ化も大好評でした。

下町ロケットのドラマ化はどうなるのでしょうか?実は脚本家、プロデューサー、演出家と半沢直樹シリーズに参加した人多数となります。

これは期待してもいいのではないでしょうか?

放送が待ち遠しい!

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ