コウノドリの第1話のあらすじや感想は?タイトルの由来も紹介

コウノドリ 第1話

綾野剛さんが連ドラ初主演ということで話題のドラマ「コウノドリ」がいよいよスタートしました。

第1話を振り返ると共に、ちょっと気になった、タイトル「コウノドリ」の「ド」の秘密について調べてみました。

若者の間でも『このドラマ最強』なんてコメントが出ていますが、はたしてどのような展開になったのでしょうか-?

スポンサーリンク



コウノドリ第1話あらすじ


とあるライブスタジオで開かれるジャズピアノコンサート。しかし、演奏中のピアニストの携帯が鳴り、コンサートは開始10分で終わってしまいます。演奏していたのは産婦人科医の鴻鳥サクラ。産婦人科医という身分を隠してBABYとしてピアニストの活動もしています。

鴻鳥にかかってきた電話は勤務先の病院から。「未受診妊婦」が救急搬送されてくるというホットコールでした。

「未受診妊婦」とは妊娠後、産科検診を一度も受けていない、母子手帳を持っていない妊婦のこと。未受診妊婦は、妊娠何週目か、感染症の危険はあるのかなどの基礎データがないため、出産は非常にリスクを伴います。

搬送されてきた妊婦、清水富美加さん演じる矢野夏希は無事に出産を終えますが、「子供はいらない」といって病院を逃げ出してしまいます。

鴻鳥は、夏希を説得。夏希はこどもに「こころ」と名づけ母親になる決心をしました。

エンディングでは小栗旬演じる永井浩之の妻、永井晴美が事故に会うシーンが流れました。
第2話では永井浩之が、母体か胎児か、命の選択を突きつけれられるストーリーとなるようです。

※人物相関図はこちらの記事にまとめてあります。
コウノドリの出演者はこちら

第1話感想


スポンサーリンク



主人公の綾野剛さんが原作漫画とそっくり!というのが個人的な感想です。

かなり原作のイメージを忠実再現しているのではないでしょうか。
線が細くて繊細な感じが、鴻鳥サクラの産婦人科医で天才ピアニストというイメージにぴったりです。

強いて言えば、ピアニストBABYのときに被っている白髪のカツラが違和感ありすぎで残念です。

白髪といえば、「掟上今日子の備忘録」で新垣結衣さんが白髪のカツラを被っていますがそちらの評判も賛否両論のようです。

やはり白髪カツラは難しいのでしょうか。

表現する制作側にも注目がいきそうですね!

なぜ「コウノトリ」ではなく「コウノドリ」?その真相とは

ドラマのタイトルを聴いて、多くの人が疑問をもったと思うのですが、コウノドリ?

イバラギとイバラキみたいなもの?

鳥のコウノトリはコウノトリ目コウノトリ科コウノトリ。正式名称がコウノドリというわけではありません。

主人公の名前も鴻鳥(コウノトリ)。なぜでしょう。

原作漫画の中でその理由が明らかになっているか・・・・・・と思いきや、原作でもこれは謎のままとなっているようです。

ただ、原作漫画の編集さんによると

「グーグルの検索で上位にくるように」というのが「表向き」の理由

だそうです。

ということは、裏向きの理由があるってことですね。

なんだか表向きは戦略的な表現をしていますが…というかここまで裏側を話してしまう姿が面白いとも言えますが。

ですが本当の理由はいったい何なんでしょう?さすが物作りをする人の思考は読み切れない部分があります。

果たしてドラマの中でその真相がはっきりするエピソードがあったりするのでしょうか。ただ謎めいているからこそ面白いと思ってしまったりもします!

今後の展開が気になります。

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ