下町ロケット第2話あらすじや感想!高視聴率は今後も上がるのか?

下町ロケット 第2話

第2話目にして早くも池井戸作品らしい、勧善懲悪でスカッとする見せ場が訪れた「下町ロケット」。
視聴率も初回を超える数字をたたきだし、あの「半沢直樹」の再来ともいわれています。

それでは第2話のあらすじや感想をまとめてみましたのでご紹介いたします。

スポンサーリンク



下町ロケット 第2話あらすじ


帝国重工の部長、吉川晃司さん演じる財前が佃製作所に訪れます。財前は佃に「ロケットエンジンに使うバルブの特許を20億で売ってほしい」と話を持ち掛けます。

ナカシマ工業との訴訟合戦を行っている佃製作所にとって20億はのどから手が出るほど欲しい金額。しかし、特許を手放せば佃製作所が行う今後の開発に支障が出ることが予想されるので、手放したくないという思いもある佃。佃は財前にどう返事をすべきか悩みます。

一方、ナカシマ工業との裁判は、相変わらずのナカシマ側の時間稼ぎ。しかも、裁判長が大企業よりの判決を出すと噂される田端裁判長になったためピンチを迎えます。

ナカシマ側は、佃を参考人招致することで、さらに攻勢をしかけてきました。

証人喚問でナカシマ側の弁護士、池端慎之助演じる中川に厳しい質問を受ける佃。
途中から熱くなってしまった佃は、技術とはどういうものなのか、ステラエンジンをどういう思いで作ったのか語り始めます。

「たとえ特許がこの裁判で奪われようとも、技術力は奪われない。正義は我にあり。」と大声で主張します。

その主張を聞いた田端裁判長は一つの決断をします。

裁判のあと、別室に呼ばれる佃、ナカシマ双方。田端裁判長は佃の主張を全面的に認め、ナカシマに和解勧告をします。和解条件は56億の賠償金支払い。

これにより、倒産の危機を乗り越えた佃製作所。

しかし、次回はいよいよ帝国重工が特許の買収に向けて佃製作所に攻撃を始めます。

スポンサーリンク



第2話の感想は?


佃製作所のメインバンクが半沢直樹!

第2話では今までのメインバンク白水銀行から、東京中央銀行に変更するというストーリーがありました。
東京中央銀行といえば、半沢直樹の勤務先です。別に半沢直樹が出てくるわけではないですが、ちょっとおもしろい演出でした。

さて、「半沢直樹」では「香川照之さんの土下座」が流行しましたが、今作でもそういう流行が生まれる予感がプンプンします。

阿部寛さん演じる佃の「なんだこりゃ」、安田顕さん演じる山崎、立川談春さん演じる殿村の顔芸もいい感じです。

他にも表情に特徴のある個性派俳優が多く出演しているので、いろんなとこから流行が生まれるかもしれませんね。

下町ロケットの視聴率はうなぎ上り!相棒を超える日も近い!?


2015年秋クールで絶好調のドラマといえば、ご存じ「相棒14」。

初回視聴率18.4%。第2話視聴率も17.6%と連続で高視聴率となりました。

しかし、そんなドラマ王者「相棒」を猛追しているのが「下町ロケット」なのです。
初回視聴率は16.1%となかなかの視聴率からスタートした下町ロケット。驚きなのは第2話視聴率。
平均視聴率は17.8%。なんと初回を超える視聴率となりました。しかも相棒の第2話を超える数字。

通常、ドラマの視聴率は初回と最終回が高い視聴率となりますが、下町ロケットは初回からさらに数字を伸ばしてきました。

これは、初回を見た視聴者は多くの人が第2話をみて、初回を見逃した人も、オンデマンド配信などで初回を見た後、第2話はオンタイムで見たということがあると予想されます。

第2話も公式サイトで見逃し配信が行われているので、もしかしたら第3話もさらに視聴率が上がるなんてことまであるのでしょうか。

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ