相棒14第3話のあらすじや感想は?反町隆史の相棒としての評判も

相棒14 第3話

2015秋は相棒が視聴率1人勝ち?とも思われましたが、TBSの「下町ロケット」が好調で、「相棒危うし」とも言われています。しかし、安定感では一日の長がある相棒だけに、第3話でも安定した視聴率となりそうですね。

それでは第3話のあらすじや感想と反町隆史さんは相棒としての評判はどうなのか、調べてみました!

スポンサーリンク



相棒第3話あらすじをご紹介


IT企業社長、雨宮の別荘で女性の遺体が発見されます。偶然通りかかった、右京と亘はその女性の手に握られていた観葉植物から、死後移動させられていると気付きます。

捜査一課は重要参考人として別荘の持ち主、雨宮から事情聴取します。

一方、右京は現場で見かけた中村ケミカル工業と書かれた不審な車が気になっていました。

この女性、尾崎美由紀は恋愛に悩みネットで相談をしていました。美由紀はネット上でサファイアと呼ぶ男性との交際に悩んでいると告白していました。

そして、ヘリファルテと名乗る人物が美由紀の相談に親身になって答えていました。
このヘリファルテとは実は中村ケミカル工業の中村社長。

中村は美由紀に「サファイアの元へ運んで欲しい」と頼まれていました。

遺体が見つかった場所から見るとサファイアとは雨宮のことのように見えますが、実はこれは雨宮が中村を落としいれようとした罠。

雨宮は以前、妹がヘリファルテに相談しはじめた直後に息を引き取りました。原因がヘリファルテにあると気付いた雨宮は中村が犯人となるように自分の別荘に運ばせたのです。

ヘリファルテこと中村が言うのは昔の恋人をなくしてから、悩んでいる人の相談にのるようになり、楽に目を覚ますことのない方法を指南するようになったと告白。

しかし、本当に理由は恋人は自らいなくなったのではなく、中村が病気で苦しむ恋人を楽にさせてやったということを右京がつきとめます。

スポンサーリンク



第3話感想


第3話では現場検証に居合わせた亘が十字を切るシーンがありました。

亘はクリスチャン?とも思われますが、おちゃらけた行動の多い亘なので、本当にクリスチャンかどうかは怪しいですね。

しかし、毎回ちょっとずづ亘の本性が明らかになってくるというのは相棒ファンとしては見ていて面白いですね。

ただ、最近は「脚本がマンネリで新鮮味がない」というストーリーに対するファンの声もあるので、ある程度、亘のキャラが固まったあとにどういうストーリーが見られるのかということが相棒成功の鍵になりそうです。

気になる水谷豊と反町隆の関係や評判は?


「相棒」と言えば、気になるのが水谷豊さんと相棒との「仲」。

特に、初代相棒の寺脇康文とは確執があったと専らの噂。
2代目相棒の及川光博さんとも、壇れいさんとの結婚で仲人までした水谷さんでしたが、その後、及川さんに浮気の噂がながれたことで微妙な空気になったといわれています。

3代目の成宮寛貴さんとも不仲説が噂されました。

反町さんは大丈夫でしょうか。

水谷さんは「いつか仕事をしたいと思っていた役者」「出会うべくして出会った」と反町さんを高評価しています。

また、「ソリ」「リーソー」「タカーシ」などと水谷さんはあだ名で反町さんのことを呼んでいるそうです。

今のところは仲よく撮影が続いているようです。

しかし、相棒の撮影現場はまさに「水谷帝国」。些細なことでも水谷さんの機嫌を損ねないように気を使わなくてはなりません。

反町さんは無事に相棒を全うすることができるでしょうか。

今のところは二人の関係は良好という内容が出ています。

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ