無痛の第5話のあらすじや感想は?中村蒼のスキンヘッドが話題に!

無痛 第5話 あらすじ

日本シリーズの影響で深夜スタートとなった第4話では視聴率4.7%と打ち切り水準となってしまいました。せっかく第5話で折り返しとなりストーリーも面白くなってきたところなのに打ち切りで中途半端に終わるのだけは勘弁してほしいですね。

それでは第5話のあらすじや感想、中村蒼さんのスキンヘッドが話題ということで過去にスキンヘッドにした俳優を調べて見たりなんかしました!

スポンサーリンク


300文字でわかる無痛第5話あらすじ


高見のストーカー佐田が為頼を高見に近づく男だと思い込みます。白神メディカルセンターで働き始めた為頼の元に佐田が現れますが、犯因症が見られないことから、大それたことはできないと考えた為頼は佐田を放置します。

一方、事件の現場に酷似した絵を白神メディカルセンターで見つけた早瀬は、絵を描いた南サトミに接近します。南は被害者の元教え子ということもわかり、疑いが深まります。南にも犯因症が見えないことから、犯人ではないと結論付けましたが、現場に落ちていた髪のDNAが南と一致。謎はさらに深まります。

為頼に放置されプライドが傷ついた佐田は、高見の部屋に侵入し、何らかの危害を加えたところで第5話は終わります。

第6話を見る前に、気になる第5話伏線の数々をおさらい


今回は南サトミの素性がかなり明らかになりました。
声が出ない原因は精神的なものと診断されていましたが、実際には両親が原因によって喉の甲状軟骨を骨折していたことがわかりました。
また、南サトミは一家の事件でなくなった石川の元教え子でした。犯因症は現れていませんが、現場に落ちていた髪と南のDNAが一致したことから、事件当時現場に居たと推察されます。

また、今回新たな伏線となったのが、犯因症が見えなかった佐田が高見の部屋を襲撃したこと。犯因症を出さずに犯行に及ぶことが可能なのでしょうか。事件前にイバラと佐田が接触していたことが何らかの理由になっているのでしょうか。

スポンサーリンク


第5話感想


今までは1話完結で事件を解決してきた為頼と早瀬ですが第5話は一家の事件のストーリーをメインに話が進みました。

今まで伏線がかなりまかれているので、徐々にそれらが回収されていけばよりストーリーが面白くなってくると思われます。

後半は一気に話が進みそうです。今のところ主だった動きのない、あの怪しげな白神院長がどうかかわってくるかがポイントですね!

中村蒼以外にもこんなに!過去にスキンヘッドにした役者!!


中村蒼さんはイバラを演じるにあたって、スキンヘッド、しかも眉まで剃って熱演しています。

イケメンはスキンヘッドにしてもイケメンですがやはり話題になっているようです。スキンヘッドにして眉毛がなくても『綺麗すぎる』『頭の形が黄金比』というコメントが見られます。

たしかにテレビで見てもその形の綺麗さに驚いてしまいました!やはり芸能人ですね、とても小顔でした。

そういえばドラマでスキンヘッドにした役者さんって、ちょっと前では「平清盛」で松山ケンイチさんが頭を剃っていたことが思い出されます。

調べてみると他にもたくさんいました。

映画「ピンポン」では中村獅童さん、「太平洋の奇跡」では唐沢寿明さん、ミュージカル「王様と私」では渡辺謙さんがスキンヘッドにしていました。

そういえば、放送中の「エンジェル・ハート」ではブラザー・トムさんがスキンヘッドですね。

意外なところでは長澤まさみさん、綾瀬はるかさんは「世界の中心で、愛をさけぶ」で白血病を患うヒロインを演じるためスキンヘッドにしていました。

役作りとはいえ、女優さんでも髪を剃らなければいけないというのは大変です。ですがやはり見応えのあるシーンだったことを記憶しています。

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ