下町ロケット第4話あらすじや感想!新井浩文が職質俳優の本領発揮

下町ロケット 第4話

第3話視聴率は18.6%と「相棒」の初回視聴率を超え、今期最高を記録した下町ロケット。
元々、録画視聴率では高い数字を持っていたので、録画していた層が次回が待ちきれずにオンタイムで視聴するようになったということもいえそうです。
放送を増すごとに盛り上がりを見せるこのドラマ。

それでは第4話はどのような展開だったのでしょうか?あらすじや感想、そしてキャストの新井浩文さんに注目してみました!

スポンサーリンク


下町ロケット 第4話あらすじ


帝国重工は佃製作所に部品供給テストを課します。
しかし、そのテストは帝国重工の部品供給反対派が仕組んだ、不合格を前提としたテスト。
経理部は膨大な量の資料提出や赤字を厳しく追及されます。開発部も「手作業」で本当に精度の高い製品供給ができるのかと難癖つけられます。

はじめは、佃製作所内の部品供給反対派と気持ちがバラバラだった佃製作所社員ですが、「佃品質、佃プライド」を帝国重工に見せつけたいとの思いで1つにまとまり、課題を次々とクリアしていきます。

そしていよいよ、バルブシステムの品質テストという段階でトラブル発生。なぜか、佃製作所の開発室に、帝国重工に提出するはずのロットナンバーがついたバルブが残されています。

1つにまとまったはずの佃製作所ですが、実はバルブ担当ではない開発部の真野が、不良品を正規品に紛れ込ませていたのです。

佃は正規品をすぐに帝国重工にもって行き、土下座をしてバルブの交換を求めます。
そこに財前が現れ、部長命令でバルブを交換させ、佃製作所は無事に品質検査もクリアしました。

スポンサーリンク


第4話の感想書いてみました


ついに相棒を超えて、今期最高視聴率作品となった下町ロケット。

今期は天海祐希さんや篠原涼子さん、石原さとみさんなど、いわゆる数字を持っている女優を主演に据えたドラマがなかなか視聴率を伸ばせずにいる中、下町ロケットはまさに右肩あがりの視聴率。

高視聴率の秘密はやはり、池井戸作品の代表作といわれる原作のおもしろさと、各話にスカッとするポイントが用意されている脚本のよさにあるといえそうです。

やはり脚本がいいドラマは面白いですね。見ていて気持がいいし楽しいです!ドラマを見た後の生活にいい影響を与えてくれるそんな気分にさせてくれる話です。

自称日本一職質される俳優・新井浩文が佃を追い詰める!


第4話から佃製作所を追い詰めるのが帝国重工の宇宙航空部主任・富山を演じる新井浩文さん。

新井浩文さんといえば、最近は自称「日本一職質(職務質問)される俳優部」として有名ですね。
>>http://www.daily.co.jp/

2015年もすでに「4回職質された」とバラエティ番組で語っていました。

2015年は「アイムホーム」「ど根性カエル」そして「下町ロケット」と有名ドラマに多く出演している新井さんですが、どうもあの目つきが巡回している警察官の目には不審人物と見えてしまうようです。

警察官は目つきで判断することも多いそうですが、生活上は困りますが…数々のヒット作に呼ばれる姿を見ると俳優としては『色』が出ていてマイナスがプラスに転換しているような人物です。

下町ロケットでは「大企業のエリート研究員」と今までとは違ったイメージの配役。
それは本人も認めるとこと。

しかし、佃製作所を、あの「職質される顔」で追い詰めるという意味ではなんとも適役といえそうです。

今後の展開ではさらに新井浩文さんの演技(目つき)には注目していきたいポイントです。

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ