無痛~診える眼~第7話のあらすじや感想!西島もぐもぐ話題沸騰中

無痛 第7話

第4話が野球中継の影響受けて4.7%と打ち切り水準になってしまった無痛の視聴率ですが、第6話では7.6%まで回復。そして録画数と満足度では右肩上がりの数字となっています。
よく、打ち切りの噂が出てくる無痛ですが、最終話まで完走間違いなしでしょう。

それでは第7話のあらすじや、ドラマを見た感想、そして気になる「西島もぐもぐ」について紹介致します。

スポンサーリンク


300文字でわかる無痛第7話あらすじ


高島菜見子のロッカーから佐田の手首が見つかり、白神メディカルセンターに捜査のメスが入ります。白神は秘書の横井を呼び出し、真相を知り、イバラを特殊な治療室に閉じ込めます。
一方、警察は佐田殺害の現場となった部屋を発見。監視カメラの映像からイバラが容疑者に浮上します。
イバラは治療室を抜け出し、院長室にいるところを白神と為頼に見つかります。イバラは白神が開発した新薬ドロールに中毒症状を起こしていました。そのときイバラに犯因症が見え、犯人であると判明。逮捕されます。

一方、一家の事件の重要参考人として名前があがっている南サトミが手術によって声を取り戻します。取り戻した声で何を語るのでしょう。

第7話を見る前に、気になる第6話伏線の数々をおさらい


白神の裏の顔が見え始めます。
佐田に菜見子を襲わせた横井を激しく追及する一方、「指示したこと以外は動くな」と言います。つまり、白神は違法行為を指示した過去もあるという可能性が浮かびます。

また、手術器具が不明になっていることから、すぐにイバラを呼び出しました。
イバラが薬を飲んで犯行に及ぶということを白神は知っていました。

佐田の事件については白神は何も関知していないようでしたが、他の何かの事件には白神が関知しているようです。つまり、あの事件・・・でしょうか。

イバラが飲んでいた無痛薬「ドロール」がポイントとなってきそうです。

そして、もう1つポイントとなるのが、為頼の妻は犯因症が出たということ。犯因症は必ずしも事件に結びつくわけではないということでしょうか。

スポンサーリンク


第7話の感想をちょっと書いてみました


今回は一気にストーリーが進みましたね。残り話数も少なくなってきたので、今後は毎話衝撃の連続となりそうです。

特に、今回は白神医院長の化けの皮が剥がれ始めました。今まではさわやかなイメージの伊藤英明さんでしたが、今後は腹黒な伊藤さんの演技がたくさん見られそうです。

個人的に伊藤英明さんには最近注目しているんです。もっと色々な顔が見て見たいというか、良い演技を見せてくれることを期待しています。

西島もぐもぐが大人気!?


無痛でストーリーと関係なく話題となっているのが西島秀俊さんの「もぐもぐシーン」

西島さん演じる為頼は毎回、ご飯を口いっぱいに頬ばるシーンがあります。

「西島もぐもぐ」で検索すると食事中の写真が出てきますね。

浅田美代子さん演じる井上和枝に「食べない男は仕事ができない」と言われて、慌ててもぐもぐしたり、診察の合間におにぎりをもぐもぐしたりと、何かと食べるシーンがあります。

ストーリーとはまったく関係ない為頼のもぐもぐシーンですが、「西島ハムスターかわいい」「食事シーン癒される」などと密かに話題をあつめています。

イケメンがもぐもぐご飯を食べている姿に話題が集まるということは、これは女性ならではの視点でしょう。

視聴率低迷が囁かれる無痛ですが西島人気は健在といったところでしょうか。

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ