コウノドリ第6話のあらすじは?ピアノ監修・清塚信也は大活躍!

コウノドリ 第6話

コウノドリの第6が放送されましたね!これまでの全体を見て見ると、前話の山口まゆさんが号泣した熱演に多くの視聴者が惹き込まれたようです。

今回のお話はどうだったでしょうか?小栗旬さんが再登場しましたが相変わらずの存在感でした!

スポンサーリンク


コウノドリ第6話あらすじ


激しい腹痛でペルソナ総合医療センターに運ばれてきた43歳・妊娠31週の妊婦。緊急オペが行われましたが、母体は助かったものの赤ちゃんは助かりませんでした。

鴻鳥サクラが担当する妊婦・竹下敦子も43歳で初産を迎える高齢出産。無事に臨月を迎えましたが、妊娠高血圧症の兆候があり、早めの入院をします。

そんな中、夜間に小栗旬さん演じる永井が娘を抱えて飛び込んできます。永井は妻を亡くしたあと、娘を1人で育てるため日々奮闘中。子育てによる時間的制約が仕事に影響をあたえ、上司からのプレッシャーもあり悩みを抱えています。そんな永井に、鴻鳥は「親も子供と一緒に成長していく」と優しくアドバイス。

管理入院中の竹下敦子は血圧の上昇があり早めの帝王切開となります。赤ちゃんは無事に産まれますが、母体の状態がよくありません。鴻鳥は懸命に処置をします。その結果、母体を助けることができました。

第6話の感想を自分なりに…

スポンサーリンク


誰も好き好んで高齢出産しているわけではありません。人それぞれ、妊娠するまでには様々な道のりがあります。ただ、高齢出産には様々なリスクがあることも事実です。

ようやく妊娠に漕ぎ着けたアラフォーの妊婦がいる一方、仕事に穴をあけられないからと赤ちゃんを諦める20代の妊婦がいます。

子供が欲しいと願う女性を、妊婦を、産まれてきた新しい命を助けるため、自分自身が、そして社会が何をできるのか、考えさせられる第6話でした。これが現実なのかと色々な角度から見ることができました。

ピアノを監修している清塚信也は大活躍!!


鴻鳥サクラの産婦人科としての顔とは別のもう1つの顔、天才ピアニストBABY。
その天才ピアニストの演技をサポートしているのがピアニストの清塚信也さん

いわば、天才ピアニストBABYの影武者ともいえるのが清塚信也さんなのですが、全然「影」なんかじゃありません。

なんと清塚さんは俳優としてもコウノドリに出演しています。
BABYがいつもライブをしているライブハウスのオーナーを演じているのが清塚さん。

清塚さんは「のだめカンタービレ」や「龍馬伝」などでピアノ演奏を担当するなど、プロピアニストとしても大活躍しているのですが、2013年には映画「さよならドビュッシー」で俳優として活動を始めました。

11月4日には劇中でBABYが弾いている「Baby, God Bless You」収録されたアルバムが発売されており、コウノドリファンは清塚さんの活躍からも目が離せません。

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ