サイレーン第7話のあらすじは?木村文乃のウエディング姿の噂とは

サイレーン 第7話

サイレーンの第7話が放送されました。

人気の出演者、話題性も高く、名シーンも多い。でも、視聴率がなぜかあがらない不思議なドラマ・サイレーン。第7話も木村文乃さんがなぜかコスプレをさせられるという名シーンがありました。

今後の展開はどうなるのやら…ということで第7話についてご紹介いたします。

スポンサーリンク


サイレーン第7話あらすじ


カラによって渡の別荘に監禁される猪熊。カラはついに猪熊の前で本性を現します。
「あせっちゃダメ」とゆっくり猪熊をいたぶっていくカラ。

カラは猪熊にナイフを突き立てながら、自分が犯した過去の事件について語りだします。カラは事件を起こすことの対象を自分の手に入れるという所有欲を満たしていました。

一方、カラの過去をたどることで真実にたどり着こうとする里見。そこに「レナが行方不明」とアイから連絡があります。さらに、猪熊の母から「娘と連絡がとれない」と電話が。

里見はカラが勤めるキャバクラに行き、カラと対峙します。
カラと、カラの旧友である十和田サチとの関連性をほのめかしますが、猪熊の居場所についての有力な情報は得られません。

八方塞がりの里見は偶然、渡を見かけます。渡から情報を聞き出そうとしてますが、完全に洗脳されている渡からは何も得られませんでした。

「里見が来た」と渡はカラに電話をします。すると、カラに「里見は消えて欲しい」といわれ、渡は里見を襲撃。里見は階段から落ちて重傷を負います。

監禁されている猪熊のところには怯えるレナ姿もありました。

そして、階段から現れたカラと一緒に姿を見せたのは、カラに消されたと思っていた整形外科医の月本の姿でした。

スポンサーリンク


第7話の感想書いてみました


猪熊の警官コスプレシーン。ちょっとしたコメディですよね。でも、菜々緒さん演じるカラの狂気がコメディシーンをシリアスシーンに変えてしまっていました。

猪熊をいたぶりながら過去の事件について語っていくカラを見ているとその冷徹な無表情が本当に人形のような気がしてきます。

サイレーンは今期のドラマで一番のハラハラを味わえるのではないかと思います

木村文乃のウエディング姿は見れるのか?


木村文乃さんが警察官なのに警察のコスプレをさせられるという名珍シーン?が登場したサイレーン第7話。

今までも、松坂桃李さんと木村さんのキスシーンや、菜々緒さんの格闘シーンにシャワーシーン、菜々緒さんと光石研さんのキスシーンなど見所となる名シーンが盛りだくさんだったドラマサイレーン。

今後はどのような名シーンが出てくるのでしょうか。

見所となるのはやはり菜々緒さん演じるカラでしょう。カラが全ての化けの皮をはがされ、整形の後遺症で苦しむシーンや、車で猪熊を連れ去るシーンなどは原作でも衝撃シーンとして描かれています。

原作とドラマのエンディングはちょっと違うということなので、もしかしたら木村文乃さんのウエディングドレス姿なども見れるんじゃないかと噂されているそうです。

美人女優ということで注目を集めているので、この噂がぜひ実現してほしいと願うばかりです。

いずれにせよ、今後は見逃せないシーンが目白押しとなることは間違いありません。

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ