ようこそ、わが家へのあらすじやキャストは?原作との違いは?

28

嵐の相葉雅紀(あいば まさき)さん主演の月9ドラマ「ようこそ我が家へ」が2015年4月からスタートします!

若い女性に大人気の嵐ですから、「早く見たい!」との声が既に上がっていますね。

ようこそ我が家へどんな物語なんでしょうか…

気になるので、あらすじやキャスト(出演者)情報、そして原作との違いを調べてみました!


ようこそわが家へは、初の○○○物語なんです―!?

スポンサーリンク



ようこそ、わが家へのキャスト(出演者)は?


まずはようこそわが家のメインキャスト(出演者)をご紹介します

出演者役名
相葉雅紀倉田健太
有村架純倉田七菜
南 果歩倉田珪子
寺尾 聰倉田太一


追記
2015年3月13日、沢尻エリカさんがヒロイン役として決定しました。

有村架純さん大活躍ですね!あのスキャンダルから女優に専念する発言を有言実行する彼女は
すごいですね!

見た目の清純派なイメージとは違い、きちんとした人なのかな?なんて印象を受けました。

有村架純さんの”あのスキャンだるとは”彼女が女優に専念すると言った訳とは?
有村架純「女優に専念します」その訳とは


あらすじは?


スポンサーリンク



ようこそわが家へはよ池井戸潤さんのベストセラー小説です。

池井戸潤さんの作品で、記憶に新しいのが「半沢直樹」ですね。
この「ようこそわが家へ」は一体どんな物語なのでしょうか―!?

主人公、倉田健太(相葉雅紀)さん。は父親譲りの気弱な性格の持ち主です。健太さんは駅のホームのトラブルをきっかけに嫌がらせを受けることに。そこからさまざまな解決していく物語です。

相場さんは月9に初主演とのこと!

相場さんがどんな演技を見せてくれるのでしょうか。

原作のストーリーはおもしろい!といった声や、なんだか身近に感じすぎてハラハラする…なんて声があがっています。


毎日を普通に過ごしていたのに一体なぜ・・?なんて出来事であり、自分の身に起こってもおかしくないとい話ということで


嫌な気持になる場面もあるとのこと…!

原作との違いは?


原作では父親の倉田太一さんが主役となっています。

半沢直樹のようにかっこいい、ぐんぐん人をひっぱていくリーダー的な主人公とは違い、気が弱く争いが苦手、良く言えば温厚な性格の父親の倉田太一が主役だそうです。

父親の倉田太一は、真面目な性格ゆえ、駅で割り込みした男に注意をしてしまいます。それから次から次へと嫌がらせを受けることに。

半沢シリーズとはうってかわって華やかな出世バトルとは違い、サラリーマンとして勤め、真面目に仕事をし、マイホームを持って子供を育てている一般家庭におこる些細なトラブルがどんどんふくれあがっていくお話です。

会社では不正を発覚し、それを明かそうとするが、ここでもトラブに巻き込まれるという展開に。

家でのストーカー被害、会社での嫌がらせを立ち向かうという話ではなく一緒に解決していくと言った内容です。

主人公が変わっただけで内容は一緒なのかなとも思いますが、ドラマのあらすじを見ている限り、ストーカー被害に対してフォーカスしているので、話がだいぶ縮小されているのではないかと予想しています。

まとめ


以上で「ようこそわが家へ」をまとめてみました。

2015年4月の21時スタートのドラマです!話の内容についても注目が高いのですが、やはり嵐の相場さん…ということで気になってしまう。。

相場さんは嵐の中でもみんなをつなぐ役割という存在らしいです。

男性のグループが上手くやっていくにはみんなをつなぐ、気がつく性格をしている人がいないと上手く回らないそう。

相場さんはそういった優しさを持ち合わせた人とのことなので、今回のドラマでは相場さんはどんな顔を見せてくれるのか非常に楽しみです!

スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 田中さつき より:

    面白かった。

コメントを残す

このページの先頭へ