芳根京子の演技力や評判は?表参道高校合唱部のヒロインはどうなる

芳根京子 演技力

近年のテレビドラマといえば、いわゆる「数字を持っている」大人気俳優、女優を使ったり、人気アイドルを使って視聴率を稼ごうとしているドラマを多く見かけます。

しかし、2015年7月17日スタートの「表参道高校合唱部!」は物語の中心となるメインキャストの高校生のほとんどをオーディションで選んでいます。出演者の顔ではなく、ドラマの内容、演技力で勝負しようという意気込みがみられるドラマです。

そんな「表参道高校合唱部!」でヒロインの座を射止めたのが芳根京子さん。芳根京子さんはオーディションで約1000人の中からヒロインの香川真琴役を勝ち取ったそうです。

芳根京子さんは確か新人女優、演技力のほうは大丈夫なのでしょうか…?

スポンサーリンク



芳根京子の演技力は?出演ドラマの評判も


芳根京子さんの業界内での評判としては「とにかくオーディションに強い」というものがあります。NHKの連ドラ「花子とアン」で演じた仲間由紀恵さんの娘役もオーディションで掴んだものです。

さらに映画デビュー作となった「物置のピアノ」の主演の座もオーディションで選ばれたもの。

事務所の力や人気や知名度ではなく、純粋に女優としての力で勝ち取ったキャスティングだけに、出演作品での演技の評価は軒並み高いものとなっています。

「必ずオーディションで最後まで残る」という評判も、その高い演技力があればこそだと思われます。

ここまで実力派だと、なんだか女優として近い将来、ものすごい存在になりそうですね。

それではヒロイン役に抜擢されましたが世間の反応はどうなっているのでしょうか?

スポンサーリンク



表参道高校合唱部のヒロインに抜擢!世間の反応は?


オーディションに強いといわれる芳根京子さん。表参道高校合唱部のオーディションでも「全会一致」でヒロインの座が決まったそうです。

高成麻畝子プロデューサーは「目の動きに人を惹きつける力があり、感情を揺さぶる演技ができる」と芳根京子さんを評価しています。

表参道高校合唱部は前述のように多くの出演者をオーディションで選んでいて、知名度の高い出演者は城田優さんなどごく一部。

高校生役の若手出演者はこれからといった感じで、7月スタートのドラマの中でもまだそこまで世間の注目を集めてはいません。

しかし、逆に言えば、未来のスター候補がずらりと出演しているドラマだけに、最終回を迎えるまでに芳根京子さんをはじめとする若手がどこまで輝きを見せてくれるか注目したいドラマといえます。

まとめ


以上で芳根京子さんの演技力や出演ドラマの評判についてご紹介しました。

本番に強いなんて才能ですね。女優に限らず、全ての職業の人がウラヤマシイと感じる能力です。

ぜひドラマでその強さを見せてほしいですね!とても楽しみな内容となりそうです!

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ