進撃の巨人のヒロイン水原希子の演技力は下手?ファンから心配の声

水原希子  演技力

2015年8月1日に公開の大人気漫画「進撃の巨人」の実写化。

ようやくヒロインのミカサ役が発表されました。ミカサ役に抜擢されたのは水原希子さん。

ヒロインの「ミカサ」といえば、進撃の巨人では主人公のエレンを上回るほどの大人気キャラ。それだけに、誰が抜擢されても賛否両論あったことと思いますが、水原希子さんの抜擢にも当然ながら不安視する声があります。

水原希子さんは演技力がまだまだいまいちと言われています。期待の高い作品なだけに大丈夫?なんて心配のコメントがインターネット上にはあがっているようです。

スポンサーリンク



下手と噂の水原希子の演技力や過去の出演ドラマの評判について


水原希子さんについては演技力不足との噂も耳にします。
元々モデル出身の水原希子さんだけに演技についてはまだまだ経験不足ということはあるでしょう。

水原希子さんの出演作品は、進撃の巨人までで、映画とドラマ10本のみ。ここ数年でインパクトのあった役と言えば松本潤さんとの熱愛の噂まであがってしまった「失恋ショコラティエ」がインパクトが強かったかなと


出演本数を見ても女優としてはこれからといったところです。ドラマの評判は上々でも水原希子さんの演技力については世間は辛口コメントを寄せています。

感情表現が乏しい
セリフが一本調子
演技はまだまだ
表情がまだぎこちない

などの声がよく聞こえてきます。

ただ、2015年春のドラマ「心がポキッとね」ではだいぶ演技がうまくなったとの声もあるので、進撃の巨人でも期待できるかもしれません。

スポンサーリンク



水原希子が進撃の巨人に出演とのことで、世間の反応はどうなの?


水原希子さんに限らず、進撃の巨人のキャスティングについてはあまり好意的な声は聞こえてきません。

その中でも人気キャラのミカサ役なので、水原希子さんには厳しい目が向けられています。しかも、進撃人気は日本に限らず中国や韓国など海外にも広がっているので、海外サイトでも実写化に不安の声が上がっています。

そもそも、人気漫画やアニメの実写化に際して、諸手を挙げて歓迎されるということは少ないですよね。

ただ、希望が見える点としては、ヒロインのミカサが表情の変化が少ないクールな性格で東洋と西洋のハーフということです。

水原さんはモデル出身だけにクールな表情は得意とするところでしょう。また水原希子さんも東洋と西洋のハーフですね。設定に関してはミカサは意外とはまり役なのでは?なんてネット上では言われていますね。

それに、実写版では漫画やアニメとはストーリーなどに若干の変更があるといわれています。水原希子さんが新たなミカサ像を作り出すことができれば、今までの演技力の評価を一変させることができるでしょう。

まとめ


以上で進撃の巨人のヒロイン水原希子の演技力についてファンの声をまとめてみました。

日本でここまで言われるのだから、他国からのコメントはもっとすごいのではないかと…日本の視聴者は比較的優しいと言われていますからね。期待の作品のため、それだけヒロイン役には求めるものが大きいのでしょう。

公開は8月ですが注目して追っていきたいと思います!

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ